体を楽にする秘訣、老化を防ぐ事が鍵 - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

体を楽にする秘訣、老化を防ぐ事が鍵

老化を防いでいくことが鍵となる。

僕が整体という視点から見る老化とは。


①姿勢が崩れること。

②体や関節が適切に動かないこと。

③呼吸が浅くなり酸素が取り入れにくく循環が悪いこと。


例えばこんなところだろうと思います。


ご高齢の方の姿勢を見ると必ず前に屈むようになっていますよね??

後ろに反って曲がっている人はいないと思います。


肩から丸まり胸のスペースが潰れているような感じ。

背中の中腹から前に丸まっているような感じ。


人は立った姿勢、座った姿勢での重力と手や体の使い方によって肩や背中が前下方にキープされることが多い。

そうキープするように筋肉が縮んで固くなってしまう。

これが①の姿勢が崩れていくということですね。

この崩れた体の姿勢、バランスによって筋肉が縮んだり引っ張られたりし始め、それが強くなり続くことで体の凝り痛みになるのです。


ということは、姿勢を良い状態に戻していくことをしなければいけないわけで、それは一番初めに縮んで固くなっている筋肉を緩めていくことと同じことになります。


肩や背中を前に引っ張ってキープしている筋肉を緩めることが必須なのですね。


そして、

①姿勢が崩れること。

②体や関節が適切に動かないこと。

③呼吸が浅くなり酸素が取り入れにくく循環が悪いこと。


これらは同時にだったり連動したりして起こります。


②姿勢が崩れると、まず肩関節〜背中〜腰の広範囲の動きが本来の動きではなくなったり、凝り痛み、重くなったりし始めます。

ある筋肉は腰でお尻の筋肉と合流し、そのお尻の筋肉は足の筋肉と繋がって付きます。

なので、お尻や足に緊張が連動し不調や痛みを出しても不思議ではありません。


肩関節付近には首の筋肉も付いていますので、首の筋肉に緊張や負荷を伝えて痛んでも、これも不思議ではありません。


筋肉が硬くなってリラックスした本来の動きを失ってくると、体や関節は動かなくなるのですね。


③姿勢が前に屈んで体が力んでいると息は吸いにくいですよね?

胸が膨らみにくく酸素がしっかりと取り入れられない。


体や心をリラックスさせる時には、一度大きく胸を膨らまして息を吸ってから脱力して息を吐くとリラックスします。

吸う動きで力を入れて大きく膨らませ脱力しながら吐く。

(寝る時にこの呼吸をやると体も神経もリラックスして寝入りやすくなりますよ。


というか、リラックスできる時は自然にやってると思います。)


呼吸が浅く酸素が取り入れられないと酸素が体中に届きにくい。

水分や免疫や栄養や老廃物が循環しにくい。


脳や神経や全ての体の細胞の正常な働きや修復など、体や心の疲労回復に酸素が行き届き続けることがとても大事だと思うのです。


脳なんてものすごい酸素が必要な器官のようです。


体や心がなにか元気出ないのは酸素が行き届き続けていないのかもしれませんよね。


元々の体に備わっている吸気の動きを取り戻さないといけないと思うのです。

体が固まって使いにくくなって、あるいは使わないで、その本来持つ機能が鈍っているのですね。

(低気圧で体が痛くなったり調子悪くなるのは、普段より酸素が吸気で取り入れにくくなるからかも!?普段から凝りや痛みがある人ほど吸気が不十分だからさらに低気圧の影響で…?)

どうやら、ほっておくと人は酸素を取り入れなくなっているようで、呼吸の大きく吸う動きができなくなっていく。

多くの方を施術していくとわかります。


それは説明した通り①と②と③が起こっていくから。

それはまさに老化と表せる。

でも、この老化は大きく防ぐことができると思います。

①と②と③のケアをすれば良いだけで、このケアをめちゃくちゃ簡単にできる方法も新たに発見しつくりました(^ ^)

これを何もしないで生きてくのと、ケアして生きていくのではすごく差が出ると僕は思います。


簡単なことで体を整えて、なるべく楽に生きていけるなんて素晴らしいと思うのです。


①②③の辛い体でいるのか、そうでないのか。

絶対に①②③を防ぐこと、老化を防ぐことをおすすめします!

その簡単なケア方法も今後お伝えしますね(*^▽^*)

ブログ記事  体を楽にする秘訣、老化を防ぐ事が鍵  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ