片側に体重をかけられない足の痛み、痺れ - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

片側に体重をかけられない足の痛み、痺れ

数ヶ月前に酷く腰が痛くなり、さらに片側の足の痛みも出て整形外科で検査。

腰椎の一番下の椎間板が潰れているという指摘で、反り腰と反張膝を改善した方が良いとのことだったそう。


それから腰も足も症状は時間と共に良くなったが、最近、今度は足だけに痛みが出てきたと。
腰は痛みは無い。


片側の足が痛みや痺れで、歩く時にそちら側に乗れないと言われていました。


体の歪みをチェックすると、痛みが出ている足は支え足となっている側の反対側でした。


施術を開始していくと、足が痛くない側の腰部の緊張がとても強い。
ここが根本だろうなぁと思いました。
この腰部と腹部を緩めていくと、『体が全体で楽になってきました。』と、力みが抜けてきたのがわかったようでした。


以前から、いつも特に足がすごく疲れたり張ったりしていたことを教えてくれました。


そして、足が痛くない側の肩もすごく硬くなって動きがぎこちなくなっていました。
腰部の硬さと連動している筋肉です。
この肩の動きがスムーズではないということは、腰の緊張が強くあることの現れだと思います。


意外なことに、痛い側の足は思ったより悪くない。
注目していた部分の動きもさほど悪くない。


これはここが悪いわけではなく他に原因があり、それが元で立った時や歩く時の骨盤の位置が偏ってしまっていて、その負担が痛みとして出ているのだろうと思いました。


骨盤の左右へのアソビやしなやかさがなくなっている。

痛い足の周辺に原因があるわけではなく、反対側に原因がある。
そう考えられました。


左右のバランスが偏って崩れているのに加えて、重心が前に行き過ぎている。
立っていることが普段からとても多いので、重心が前に行き過ぎていて反り腰と反張膝になっているのですね。
これもケアすることで改善していくものです。


しっかりと全身を調整し施術を終えると、腰や足がリラックスしてとても楽だと言われていました。
体や腰がベットに脱力して隙間なくついているようで、これは反り腰や反張膝の改善となってきます。


立ち上がり、足を上げることも左右が同じようにできる。
歩く時に足があまり上がらずやや伸びたままのような形だったのも普通に戻ったようでした。
そして、痛みや痺れは無い。


骨盤の左右への移動やアソビのこと。
重心の偏り。
足が痛くない側の重要な部分へのケア。


そんなことをお伝えしました(^ ^)


楽になってとても喜んでいただけて、今後の腰や足の状態にも希望が出たり安心されたように思います。


こうやって体を真ん中に戻すケアをすれば、状態はもっともっと良くなって腰や足の調子も安定するのだろうと思うのです。


体のバランスを真ん中へ戻す為に、腰部や腹部といった真ん中の空間をしっかりと整えていきましょう!(^-^)


 

ブログ記事  片側に体重をかけられない足の痛み、痺れ  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ