広範囲な強い首の痛みが限局されてくる - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

広範囲な強い首の痛みが限局されてくる

先日、首の痛みが強い方へ施術をさせていただきました。

朝、起きてから首がどんどん痛くなりだして、気がつくと上を向くのも下を向くのも少し動かすだけで痛い。
かなり辛く厳しい状態になっていたのです。


体の歪み方をチェックすると、片側の腹部と腰部がものすごく硬くなっていることがわかりました。
ここを入念に緩めていきました。


意外にも、反対側の体は良い状態でした。


問題の側の腹部と腰部が緩むにつれて、体勢を横向きやうつ伏せに変える時の首がかなり楽になったようでした。


最初は仰向けに寝転ぶのも横向きになるのも首が痛い。
首に力を入れると痛い状態だったのです。


首の力みが抜けて体や神経がリラックスし、ところどころで寝息を立てるほど体がお疲れになっていたようです。


そして、施術を終えると首はかなり楽になり、施術前は首全体が広く痛かったようでしたが、施術後は片側のみが痛いと。
反対側は痛くなくなったようなのです(^ ^)


腹部が硬い側の首が痛い。
こちらが首の負荷が強くかかっていた側であり、もっというと、この首の痛みの原因は腹部にあると思います。


体は、空間が大きいが故に体の真ん中がまず歪みやすい。
体の真ん中が歪むと、その歪みの影響を受けて肩や首の位置が変わろうとして筋肉が緊張する。
なので、首や肩の筋肉が悪いというよりは、体の真ん中が歪むことが原因で首や肩の筋肉が痛む。


首や肩は引っ張られて凝り、痛んでいる。
その引っ張りが強くて炎症が起こり痛みが強くなっている。
その状態で痛い首を刺激するのはやはり危険だと思います。

刺激する事でさらに引っ張りを強めダメージを広げるかもしれない。


そして、首の痛みが急性期から慢性化へ変化していくのは、その原因が首にではなく腹部や腰部にあり、寝転んだ状態で首にアプローチして首の筋肉をいくら柔らかくしても、根本の原因は解けていない。
なので、座ったり立ったりすると首の緊張はまた発生してくる。


そんなことを施術後にお話しさせていただきました(^ ^)


首の痛みの原因は真ん中にある。
きちんと腹部や腰部から整えて筋肉の緊張を解いておけば炎症の回復も速まり、翌日にはとても楽になることが多いと思います。


首はデリケートで大事な場所なので、首はできるならばあまり刺激せず整えていく。
適切な施術であるならば、首にあまり触らずとも確実に首の状態が良くなっていくのは実感できると思います。


体の真ん中から整えて、首を楽にしていきましょう!

ブログ記事  広範囲な強い首の痛みが限局されてくる  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ