ステイホームで…③ 運動や筋トレで痛める。 - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

ステイホームで…③ 運動や筋トレで痛める。

ステイホーム期間中は家でどう過ごすかと、筋トレや運動といったワークアウトをしてみる方も多いですよね!

ワークアウトは体や心に良いとは思いますが、体のバランスが崩れた状態で行うと体を痛めてしまうことがあります。


人はその人その人によって重心が左に寄ってたり右に寄ってたり、体が左か右に捻れてたりします。


これは無意識に今まで生きてきた日々の中での体の使い方の癖なので、基本的に今後もそう使うでしょう。


そうした体のバランスが大きく崩れている状態で、それを整えず体に負荷をかけていくと、筋肉や関節や神経に過剰な緊張が生じて痛めてしまいます。


例えば、足のワークアウトをした翌日から腰や大腿が痛くて、大腿外側に神経的な違和感が出ていた人もいました。


最近の例では、腕のワークアウトをしたことがきっかけで肩を強く痛めてしまった方もいました。


ワークアウトしている時は肩がゴリゴリした音や違和感を感じる程度で、痛みは無かったので続けたと。
しかし、それから痛みが出てきて、治るかな?と様子を見ていたら二ヵ月くらい続いて、さらに痛みが強く激しくなったと。


肩も上に上げれない。
時々、手が痺れる。
夜、寝るときに仰向けになっても肩が痛いと…。


それから体の歪みをチェックして施術をいたしましたが、足までガチガチになっていました。
足の緊張を緩めていくと全身がリラックスし、肩の緊張もそれだけで緩んできます。


肩は手を前に出す緊張が強くて、それが肩の痛みや痺れをつくっているようでした。
これを放っておくと、ますます固まって頑固な肩関節周囲炎(五十肩)になってしまいそうです。


全身を整えて終えると、肩の可動域が広がりました!
そして、姿勢も良くなり全身の力みが抜けたので、肩関節の炎症も早めに引いてくるのではないかと思いました。
そして、肩関節周辺の筋肉の緊張も緩めているので、これで様子を見てもらうことになりました(^ ^)


肩だけど股関節も整えることがとても大事です。
この方の場合は特に痛い側の肩と同じ側の股関節。


寝転んで簡単に股関節と肩を緩める方法をお教えしたので、続けてもらったらさらに肩の状態は早く上がっていくと思うのです。


適度なワークアウトは体に良い。
しかし、体の歪みや緊張やバランスを整えておかないと強く痛めてしまうこともある。


それを理解して、特に最初のうちはメンテナンスしながらワークアウトすると良いと思いますね(^-^)
お気をつけください。

ブログ記事  ステイホームで…③ 運動や筋トレで痛める。  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ