片側の首や腰の鈍痛と手足の痺れ - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

片側の首や腰の鈍痛と手足の痺れ

半年くらい前から出てきた体の片側の不調。

首や腰は鈍痛があり、足と手に痺れがある。
手は上腕三頭筋〜小指の辺りにかけて痺れがあり、足は大腿裏側〜ふくらはぎ辺りまで。


そんな症状が全て体の片側だけにあるとのこと。


体は運動したり鍛えてたりされてたようで、筋肉がよくついているお体でした。


鍛えられて筋力があることと筋肉が緩むことはまた別の話であり、筋肉が緩まずに緊張を続けた場合に痛みや痺れが起こります。

筋肉が緊張を続けて筋肉や筋膜が傷つき痛む。
または、筋肉が近くにある神経を締め付けたり引っ張ったりすると痺れが起こるのですね。


体の歪み方をチェックしてから施術開始。


痺れがある側の足が支え足として使われることがわかりました。
この場合だと、足のある筋肉がいつも頑張り続けて疲れて硬くなります。
それが腰や臀部や足の痺れを引き起こしてしまうので、そこを緩めていくことがポイントですね。


反対側の足はまた違うところが疲れて硬くなるので、そこもしっかりと調整していきました。


手の痺れがある側の肩関節の歪み方は、前や下に引っ張られるように緊張していたので、それが手の痺れを引き起こしていたように思いました。
上半身の捻れですね。


施術の序盤で、『体の力を抜こうと思っても自分では抜けないんです』と言われていました。
その状態では体の疲労が回復しにくく、とても辛いことだと思います。


そう、筋肉って自ら緩むという機能は無いのですね。
寝転ぶことで重力から解放されたり、緩める位置に体や関節を動かしたり、呼吸が広がることで呼吸運動と共に緩んでいく。
それが効率良くできれば緩んでいくし、できなければ緩まないと。

さらに、体の使い方には人それぞれ偏りがあって、それが毎日続いていきますからね。


ある意味、力を抜いていくケア(緩めるケア)をしないと緩んではいかないとも言えそうです。


さて、この方の全身の調整をしっかりと行うと、とてもリラックスしたようで呼吸も深くなったのがわかりました。


施術後は手や足の痺れも無くなり、体も楽になったようでした(^ ^)


この方の体の使い方や筋肉の緊張の痛みや、その緊張が神経を引っ張ったり締め付けたりして痺れを引き起こすこと。
そんなことをお話しして説明すると、普段のお仕事の体の使い方で思いつく癖があったようです。

少し気をつけることなどもお伝えしたので、今後の状態は上がっていくように思いました!


体を整えて大事にして、仕事に遊びに使っていきましょうね。

ブログ記事  片側の首や腰の鈍痛と手足の痺れ  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ