肩甲骨を引いて緊張させていると、ばね指や五十肩になる!? - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

肩甲骨を引いて緊張させていると、ばね指や五十肩になる!?

ばね指とは指の腱鞘炎と云われていますね!

女性にとても多いです。


最近、ばね指になっている方や五十肩の方を施術させて頂きましたが、やはり、肩甲骨を後ろへ引いて緊張している側の手に、ばね指や五十肩がよく起こっているのだなぁと思いました。


肩が前に巻き込まれてる『巻き肩』とはよく聞きますよね?
これとは反対に、肩甲骨を後ろに引くように緊張していることもあるのです。


肩甲骨を後ろに引くのは、一見、肩が開いて姿勢が良くて、良いことのように思いますよね??
ところが、自然に脱力していてそうなってるのは良いと思いますが、背中に力を入れてそうしているのは良くないんですね( ;  ; )
筋肉を緊張させ続けているわけです。
だから、凝るし痛くなるのです( ;  ; )


つまり、肩を前に引っ張る筋肉が緊張していることもあるし、肩を後ろへ引っ張る筋肉が緊張していることもあると僕は考えていて、どちらでも筋肉の緊張が続いていることが問題だと思っています。


施術する前にお客様の体の歪み方をチェックすると、体幹や首が右か左のどちらに回るように捻れているかがわかります。


例えば、体幹や首が左に回るように捻れて歪んでいるということは、左肩は後ろへ右肩は前に緊張しているわけです。
この時、左肩は肩甲骨を引こうとしているし、右肩は前に出ようとしている、そんなイメージになりますよね?
そして、この時の左側の手にばね指や左肩に五十肩が起こりやすいと思います。


『巻き方は良くないよ』とはよく聞きますが、肩甲骨を引きすぎてるのも良くはないと思います。


要するに、肩の前側でも後ろ側でも筋肉が緊張したままになっていると良くないよってことですね!


時には体の歪みや緊張を整えるケア、本来のリラックスの状態へ戻すケアが要るということ。


施術後にばね指の引っかかりや違和感があった指を動かしてもらうと、無くなっているんですね(*^^*)


体の歪み方を説明して知って頂いたら、その後は簡単なケアをやってみたり、普段の生活での体勢を気をつけて頂くと良いかと思います(^ ^)

ブログ記事  肩甲骨を引いて緊張させていると、ばね指や五十肩になる!?  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ