痛み止めを二錠飲んでも痛い腰痛、両手の痺れ - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

痛み止めを二錠飲んでも痛い腰痛、両手の痺れ

ここ数ヶ月くらい片側の腰痛、臀部痛、大腿の裏側痛がある人の調整。

ここ一ヶ月くらいは特に痛みが強くなっていたらしいです。


うちに来られる前日は、あまりに痛いので痛み止めを二錠飲んでもあまり効かず、『なんとか寝られるかなぁ?』くらいだったそうです(>_<)


片側のみが腰、臀部、大腿裏側が痛い。


体の歪みをチェックして施術していくと、この痛い側の大腿前側や外側の緊張を緩めるのがポイントだということがわかりました。


ここがあまりに縮みすぎて、膝も曲がりにくいし股関節の動きも硬くなっていました。


これだけ痛みを出すだけあって、なかなか硬くなっていて手強い。


しっかりとゆっくりと全身を整えていくと、それでも最後は、寝転んで腰を浮かせたり左右に捻ったりも痛みなく、立ち上がって歩いても腰も臀部も大腿裏側も痛くない!


とっても喜んでおられました( ´ ▽ ` )


この大腿の緊張を緩めるケアだけお教えしました!
お家でやっていただきたいです(^ ^)


と、あと、一年ほど前に事故で首をわずかに骨折して、それから両手が痺れていたらしいのです。
病院で骨の治療も問題なく終えて、リハビリも全期間を終えたらしいのですが、手の痺れは残っていたと。


もし、首の骨周辺が特に問題ないのであれば、あとはそれ以外の場所が原因になる可能性もあるのです。


例えば、肩関節や肘関節や手首などで筋肉等が手の神経を締め付けたり引っ張ったりする可能性がある。


なんと、この日の施術を終えると、腰や臀部や大腿裏側の痛みだけでなく、手の痺れも無くなったのです!


腰や臀部大腿の変化も驚いておられましたが、手の痺れが無いことにすごく驚いておられました。


少しでも、今より状態が良くなると嬉しいですものね(*^^*)


あえて言うなら、腰や股関節を整えると首や肩周りの筋緊張が緩んでくるので、まずは足や腰からの調整が大事なんですね!
そこから手や腕を調整していくとなお良い。


検査して骨に問題なければ他を整える。
とっても大事ですね(^-^)

ブログ記事  痛み止めを二錠飲んでも痛い腰痛、両手の痺れ  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ