肩関節周囲炎(五十肩)の原因が首だったパターン? - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

肩関節周囲炎(五十肩)の原因が首だったパターン?

数ヶ月前に、ふいに手を動かした瞬間から肩関節周辺に強い痛みが走るようになった人。

病院では五十肩と言われて注射等の治療を数回。


現在も日常生活の何気ない腕の動きで強い痛みが走ることがあり、腕を上に上げていくと痛いし、背中を掻く動きでも強い痛み。


痛いのは上腕部分。


肩こりや腰痛などは今までは特になかったらしいのですが、肩を痛めてからは朝の寝起きに腰が痛いことがあるらしいのです。

一部の関節の動きが悪くなると、体の他の部分にまで影響が出るという事ですね。


体の歪みをチェックして施術を開始。


まずは足や骨盤から整えていきました。
足は一部に緊張があるものの、それ以外は特に問題無く、腰から下はけっこう良い状態でした。


それから腕や肩関節をチェックしていくと、これまた意外にも手首や前腕の緊張は無い。


上腕部だけが強い緊張で、動かすと痛いと。

なんか変わった感じだなぁ?
大体の五十肩は、もっと前腕や体の他の部位も筋肉がかなり緊張してたりするんだけどなぁ〜?と不思議に思いました。


そして、肩は一回そのままにしておいて首をチェック。
捻れや傾きがあったので優しく位置を変えてリリース。


首をリリースした後に痛みのある肩関節を調整していくと、なんと不思議なことにさっきまでの強い緊張や抵抗がかなり少なくなっている!!


その瞬間、今回の五十肩の大きな原因は首だったんだなぁと思いました。

そんなこんなをお話しして説明していると、寝方に一つ問題があるんだなぁということがわかりました( ・∇・)


首の向きに気をつけて頂くことと、肩甲骨と腕の動きを良くする簡単なケアをお伝えして様子を見ることになりました(^ ^)


終わってから腕の感覚が変わって良くなったようで、『さっきより楽です(^-^)』と。


手を上げても施術前より上がるし、背中を掻く動きも痛みの無い可動域が広がっていました。


このまま自然に上向いて回復する可能性も十分にありますし、そんな様子を見ながら何度か調整して状態を上げていけたら良いですね(*^^*)


やっぱり首は大事!ってことですね。

ブログ記事  肩関節周囲炎(五十肩)の原因が首だったパターン?  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ