急性の右脇腹痛 - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

急性の右脇腹痛

仕事中、重いものを持った時にビキーッと脇腹が痛くなった。

歩くのも脇腹に痛みが響くし、作業で体が動くのも響く。


そんなお話をお聞きしてから、体の歪みをチェックして施術開始!


体幹の後屈と左右への回旋の動きが痛い。
痛いのは片側の脇腹。

腹斜筋だと思われますね。


歪み方のチェックをすると、軸足ではない前傾側の脇腹が痛いと。


軸足ではない側なので、普段からどちらかというと伸ばされる傾向にあって、その引っ張りが強くなりすぎて、今回のようにビキーッとなっちゃったんだなと思いました。


普段からあまり腰痛とかなかったようなので、とっても整えやすかったです(^ ^)
つまり、さほど全身がガチガチではない。


腰から下は最初から良い感じでしたので、脇腹が痛い側の腕がポイントでしたね。


腕の緊張が強すぎて、それが肩から脇腹へと影響している。
そこをしっかり整えました。


あとは頭位の左右バランスを整えて。


終えて、立って動きを確認すると、左右の回旋は痛くない(^ ^)


反るのは少しだけ痛いけど、それでもかなり楽になったようで、『さっきと全然違うわぁ』と言っておられました(*^^*)


急性なので、あとは休めることですね(^ ^)


腕の緊張のことをお伝えして、超簡単なケア方法をお教えしていると、この側の肩甲骨あたりが年に数回、強く痛くなることがあると教えてくれました!


そう、腕の緊張由来で肩甲骨あたりにも痛みが出るものなのです。


なので、この方にとっては腕のケアって大事ですよね!


知っていただいて良かったです( ´ ▽ ` )

ブログ記事  急性の右脇腹痛  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ