右膝の痛みから裏側や右足全体まで痛くなった人の施術! - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

Q&A, 健康コラム

右膝の痛みから裏側や右足全体まで痛くなった人の施術!

右膝が痛いのが1〜2ヵ月くらい続いて、病院へも何度か行かれていたという人。


骨には異常なくて、原因は軟骨かな?と言われたらしい。しかし、軟骨はすり減ってはいないという、なんともよくわからない感じですね(・_・;


膝が腫れていて、水を抜いたりもしたそう。
処方されたお薬を飲んで様子を見ながら、ということをしていたが、痛みは強くなっていき、ここ2、3日は歩くのも痛みが響く。


どこが痛いのがお聞きすると、膝全体と膝の裏側。そして、ここ2、3日は大腿外側とお尻の下あたりやふくらはぎも痛いらしい。歩くのも膝や膝裏が痛い。


膝を見せてもらうと、とても腫れぼったくなっていました。


仰向けで歪みをチェックすると、やはり左右差がとても大きい。僕やインストラクターさん達でいうところの骨盤前傾側の足が痛いと。


ゆっくり、様子を伺いながら前傾側の大腿を緩めていきました!緩めるために右足を動かしていくと最初はふくらはぎに響くと言われていました。


反対側の痛くない足に違う施術をしていくと、右足に響くと言われていました。両足が影響し合うということですね!


横向きではあまり響かない様子だったので、しっかり痛い側を調整しました。
ここでかなり緩み、膝が伸びる動きが大分良くなってきました!


その後はうつ伏せや仰向けと全体を調整しました。この日は頭痛もあると言われていました。体の土台である骨盤や股関節の筋肉が緊張を起こすと、その緊張は頭にまで筋肉で繋がります。


けっこう酷かったので、少し痛みは残るだろうなぁと思っていましたが、施術を終えると、歩いても膝も他も響かないと言われていました(^ ^)


腫れぼったいお皿の周りも大分スッキリしている感じ!


どうやらここ2、3日、動画サイトで足のストレッチを見て適当にやっていたそうです(^_^;)

そのストレッチを教えてもらうと、それでさらに足の前後の筋肉や腱を緊張させている可能性もあるのではないかと思いました( ; ; )

緩む方向は1方向か2方向くらいです。


そのケアを1つだけお教えししました。

筋肉や腱がかなり緊張していたようですね!特に大腿直筋の短縮が強かったです。


仕事柄、お身体への負担は強そうです。この膝や足の痛みをこのままほっといたらどうなっていくのかを考えると少し怖いですね…。


体は本来の真ん中のバランスにちゃんと戻してあげれば、そうそう痛みが酷くならず長持ちすると思います!

なので、これから何回か調整して、真ん中の良い状態まで戻していく体のケアは必須ですね。

なるべく楽に体を使えるように。整えていきましょう( ´ ▽ ` )

ブログ記事  右膝の痛みから裏側や右足全体まで痛くなった人の施術!  より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ