二十年来の頚椎ヘルニア - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

二十年来の頚椎ヘルニア

二十年来の頚椎ヘルニアの方がお越しになられました。

 
 
二十年ほど前に首が痛くなって
頚椎ヘルニアと診断されたようで、
それは交通事故後、
半年くらい経ってのことらしいです。
 
 
事故後すぐには痛くなかったてことは、
他の日常生活の中での
体の動かし方にも原因があるのかなと。
 
 
 
首痛や頭痛と手の痺れがある。
手の痺れは、出る時も出ない時もあると。
来られた日は指と掌に痺れがある。
 
首の動きは意外にもそこそこ良くて、
左へ倒す動きのみ左首後ろが痛い。
 
と言っても、
やはり全ての首の動きがもう少し
スムーズに動く方が良いし、
可動域ももう少しある状態が良いなと
思いました。
 
 
 
仰向けで歪みをチェックすると、
骨盤と首の歪みがわかりました。
 
 
首が右へ回ろうとする歪みが強く、
それを筋力で戻して
真っ直ぐをキープしてしようする力で
首がガチガチになっていました。
 
で、首って
腕とも繋がるし足とも繋がるしで、
首がこれだけガチガチになっていると
全身ガチガチなんですね。
まさに寝転んでも体の力が抜けない。
 
 
特に左股関節や大腿の緊張がかなり強い。
あと右の腕や肩関節も。
 
 
頚椎も優しく調整し、
ガチガチだった左足や右腕、肩関節も
調整して終えました。
 
 
立ってみると、
姿勢が良くなっていて、
首が軽いと言われていました(^-^)
 
左へ倒す動きも痛みが無くなり、
左の首が軽くなったと
良い表情でした(⌒▽⌒)
 
で、手の痺れも消失。
 
これは鎖骨周辺で末梢神経が
筋肉などに絞扼されてる可能性があると
思うんですよね。
 
 
 
首の動きを少し意識的に、
歩いてる時や止まった時に
こっちを見たりすると良いですよ!
と、お教えしました(^-^)
 
 
無意識に続く動きの偏りがあるので、
それが蓄積されてくると
歪みや筋肉の持続的緊張が起こります。
 
 
ここを真ん中へ戻していかないと、
体は辛くなってしまいますし、
ずっと続く可能性も…。
 
 
 
お教えしたことのように、
少し意識的な動きをするだけでも
日常の生活というのは長い時間なので、
その中で変わってくると思いますよ(^-^)
 

O1080081014197250991

ブログ記事  二十年来の頚椎ヘルニア  より

 
 
 

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ