顎関節症は腕や足の緊張を緩める。 - 岡山市 京橋の整体院

岡山京橋整体院

健康コラム

顎関節症は腕や足の緊張を緩める。

顎関節症は、顎の筋肉が緊張を起こしている状態。
全体の姿勢バランスが崩れると、頭の位置や顎の位置が左右にズレます。
そこに腕の緊張も加わると、痛みが出たりします。
顎は左右にも動きますよね?
全体の姿勢バランスが崩れると、本来の位置から頭や顎が左右に引っ張られたりします。 
それを戻そうと拮抗する力も働くので、互いの力が緊張をおこします。
この頭や顎の左右の歪みは、足からのラインを調整することで改善してきます。
このような状態に、さらに腕の緊張が加わると顎の痛みが出るように思います。
腕の筋肉の緊張は噛む筋肉の緊張に繋がります。
例えば、グッと手や腕に力を入れる時や重いものを持つ時は、顎も食いしばるように力みがちですよね?
また、腕のラインは胸や背中のライン。
肋骨まわりの呼吸の筋肉でもあり、胸はハート(心)でもあります。
心や気持ちの緊張もこのラインの体の緊張、力みになります。
心や気持ちの緊張や力みが続くと、呼吸が浅くなり、腕や肩や首や顎の筋肉の緊張にもなる。
なので、巷では、食いしばり=ストレスと、言われてたりするんだと思います。
顎関節症でも足からのライン、手からのラインから体の緊張を緩めて、元の位置に戻す。
しなやかな力みのない動きに戻していく。
そうすると、とっても楽になりますよ!
ブログ記事より

この記事を共有する

腰痛・肩こり・頭痛を解消したい方

岡山市,岡山駅の整体院

土日祝20時まで受付 体験談多数掲載中 駐車場補助あり 西大寺町乗り場より2分 当日予約OK

肩こり・頭痛を早く解消したい方へ

慢性腰痛を早く解消したい方へ